滋賀県湖北地域でゴミ拾い活動をするエコチーム「ロハスタイル」です。

site  http://www.lohas-style.tv/
mail  lohas@tetra-furugi.jp


サイドバーのCATEGORIESからロハスタイルの基本情報をご覧ください。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
エコラブ ゴミ拾い@長浜
 
昨日は【エコラブ チーム長浜】さんのゴミ拾いに参加してきました。
エコラブさんというのはもう何年も前からあって、全国各地でそれぞれが活動されているそうなんですが、長浜支部(というのかしら?)は一昨年から活動されているのだとか。

先日代表者さまがロハスタにもお越しいただいて、色々と情報交換やお話をさせていただく機会があり今回初参加。

主にFacebookで清掃の案内や参加募集をされています。毎月第一日曜に開催されていて今回は朝7時から8時の活動時間でした。楽しみながらゴミを拾うのをモットーとされているので皆さんご自身の都合に合わせて気楽に参加されているなんだなぁと言う風に感じました。
ゴミ拾いですからロハスタと個人レベルで"すること"に相違はありませんが、私としては参加者として清掃する機会はとても良い勉強になりました。

また都合がついた時には参加させていただきたいなと思います。
是非皆様もご参加くださいね。勿論ロハスタもよろしくお願いします!

【エコラブ チーム長浜 facebookページ】こちら
毎月第一日曜に開催
詳しくはFacebookページの基本データよりお問い合わせください。


同じ土地でこのようにゴミ拾いをする団体があって、参加してくださる方も今日はここに参加してみようとか、あっちに参加してみようとかそんな風にエコ活動が身近なものになるといなと思います。
エコラブさん、これからもよろしくおねがいします!
モラル
 
琵琶湖へ流れる河川。川べりは草が生えているだけで一見何も無いように見えますが(画像左)、ゴミが実は隠れています。ちょっと掘り返すだけで6つのゴミ。(画像右)クリックで拡大します。
川の流れが勢いをつけたらそのまま琵琶湖に流れていきます。琵琶湖の岸のゴミは琵琶湖で漂っていたゴミが漂着するもの、岸で捨てられたゴミ、そして河川から流れ着いたゴミがあります。


知らぬ間に風に乗って波に乗ってゴミになってしまったものも少なからずありますが、悲しいことに故意に捨てられたものも相当量あるでしょう。意識的にゴミを捨てるなんてもちろん以ての外。最低限のモラルです。

もしゴミを平気で捨てる人が小さいお子さんを持つお母さんやお父さんなら、その子供は平気でポイ捨てをします。逆にゴミを拾って歩くお母さんやお父さんならごく自然に子供もポイ捨てされたゴミを拾います。
きっとちゃんと見られています。モラルの基準はそうやって周りの大人によって影響されるものなのではないでしょうか。
無限
 
冬のゴミ。琵琶湖から流れ着いたゴミ。ペットボトル、缶、瓶、発泡スチロール・・・。

流れ着いたら拾えるのですが、琵琶湖の中に沈んだり長い年月漂流しているゴミは計り知れません。
波が高いと水草が岸に上がります。枯草や枝葉に埋もれるのはゴミ。それが何層にも重なっているので実際地表に見えてないゴミは無数にあるのが現実。

もし近くの河川や琵琶湖沿いがゴミがなくて綺麗だったとしても実はまだまだ沢山琵琶湖の中に埋もれているのです。

解決策はゴミを出さないようにする、そしてそれ以上にゴミを拾うということだけ。魔法でも使わない限り、拾わずしてキレイになることはありえません。


そんなわけで"現実を知る"という意味でも是非一度活動に参加していただきたいです。そして一度ゴミを拾えばポイ捨てなんかは絶対にできません。


今週末16日は年内最後のロハスタイルの清掃活動です。雪の心配はなさそうですので、概ね活動可能かと思います。現在6名ほどの参加が決まっています。
参加申し込みは参加日時・名前・参加人数・メールアドレス・電話番号を添えて【lohas(アットマーク)tetra-furugi.jp】宛にメールをお送り下さい。(丸二日以上返事がない場合は何らかのエラーが発生した可能性がありますのでお手数ですが再度お問い合わせください。)
花火後の清掃
 
本日は滋賀県長浜市で北びわ湖大花火大会が開催されます。夜7時半から1万発の花火が夏の夜空を彩ります。今年も何万人もの人々を魅了することでしょう。

きれいな夜空のその裏側で、屋台が出て、大多数が集まる場所につきまとうもの、それはゴミ問題。ロハスタイルは来週8月9日に清掃活動の予定ですが、毎年花火大会の翌日、すなわち明日5日の午前中には地元中学生さんや市民団体の皆さんが清掃活動をされています。

長浜観光協会さんが清掃ボランティアスタッフを募集されていますので、ご興味のある方は参加してみてください。
ボランティア参加者は朝7時に長浜港(勤労者福祉会館【臨湖】前/長浜市港町4-9 )にお集まりください。

問い合わせてみましたところ、毎年約1時間くらいで終わるとのこと。ゴミ袋などは用意されているようです。火ばさみなどは数が足らないかもしれないということなのでお持ちの方は持参して下さい。
(5日の清掃はロハスタイルの主催ではありません。お問い合わせ等は長浜観光協会様へお願いいたします。

私も行けたら参加してみようと思います。皆さまも是非。
もちろん清掃前の今夜は琵琶湖に上がる花火を十二分に愉しみましょう。
節電の夏
 
関東の電力不足に始まり、全国的に節電の夏です。エコ意識の高まりは過去最高と言っても過言ではないでしょう。

例年より暑くなるのが早く、身体の準備も出来ていないという事もあるでしょうが、6月、熱中症で病院へ搬送された人数が去年の3倍にもなったのだとか。
節電の為、電気を多く使うエアコンを控えているという方も少なくないのではないでしょうか?節電はもちろん大事なことですが、身体を壊しては本末転倒、エアコンも利用しつつ、無理をしないというのが大切です。
例えばエアコンは高めに温度設定をし、同時に扇風機を回す。湿度が高いのも熱中症の要因になり得るので除湿機能もうまく利用したいものです。また、汗を吸う綿素材の衣類を選ぶ、保冷タオルなどを首に巻いたりするのも効果的です。

それから特に屋外で作業をする場合はこまめに水分を摂り、体調を見ながら日陰で身体を休めてください。水だけをごくごく飲むのではなく、塩分も一緒に摂りましょう。
そして帽子を被って直射日光を避ける。
スポーツなどは時間帯をずらして朝夕の涼しい時間に変更する、など予め危険回避をするのも必要です。

暑い中で「調子が悪い、気分が良くない」そう感じたら熱中症の危険サインかもしれません。
エコも大切ですが健康はそれ以上に大切です。無理をせず、普段の生活で実践できることをやっていきましょう。
びわ湖の日
 
昨日7月1日はびわ湖の日。
県内各地で清掃活動が行われたり、外来魚駆除を目的とした釣り大会なども開催されたようです。
水質問題、ゴミ問題など、琵琶湖を通して環境や自らの生活を見つめ直すのにもいい機会ですね。

近畿の水がめ、マザーレイク、近くに住む私たちの手で大切に守っていきたいものです。
特別大きなことはしなくても、ちょっと気にかけ、心がける。それだけでも十分。
エコBBQ
 
夏、外遊びの季節。バーベキューの季節。
今回はバーベキュー遊びにエコを意識した3つのご提案。


◎下ごしらえは家で済まし、タッパーを利用する。
流し台などの設備がしっかりしてある場所ではそこで下ごしらえをするのも楽しみのひとつでしょう。しかしそのような設備が整っていない場所では下ごしらえをお家で済ますという方法もあります。
一番のメリットがゴミが出ないこと。ただでさえ荷物の多いバーベキュー、可燃・不燃・プラ・資源・・・等とキッチリ分別することはなかなか難しいと思います。
お家でひとまず食材をタッパーに詰め替えることでちゃんとゴミの分別もでき、リサイクルにも繋がります。この際にカットや下ごしらえもできます。


◎使い捨てのお皿やコップは使わない。
紙皿や紙コップは安くて便利なのは承知ですが、ゴミを増やさないためにはなるだけ洗って繰り返し使えるものの利用がおすすめです。
仲間内で集まるなら「お箸・お皿・コップは各自持参!」と持ち寄るのも面白いです。


◎ゴミは必ず持ち帰る。
缶やビン、ペットボトルなど、その場で出たゴミはちゃんと持って帰って洗い、自治体のルールの下でゴミを出すようにしていただきたいなと思います。
木炭の残りや残飯も忘れず持ち帰り処分しましょう。


食材を持ってきたタッパーや食器なども持って帰って洗いましょう。
その手間が面倒…なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが便利の裏側は手間がかかるものです。

“いいとこどり”はできません。
みんなが気持ちよく、また環境にも配慮して楽しむためにはそれなりの手間も必要です。
地球にやさしく楽しめたらいいですね。


画像はアウトドア用のプラスチック皿。
こんなカラフルなものを見つけてしまって思わず購入しました。
新聞紙お掃除
 
エコなお掃除の仕方。

要らない新聞紙を水に浸して絞って床にばら撒きます。
ほうきで新聞紙も一緒にサッサと掃きます。
一緒にゴミ箱へ捨てれば完了。

濡れた新聞紙にホコリやゴミがついてきれいになります。
フローリングなどの床で雑巾がけをするほどではないときには便利ですよ。

ちなみにこちらの方法はテレビで見たものですが、私もたまにぐちゃぐちゃになった新聞紙などを利用してやっています。

掃除機をかける電気代も使い捨て用のお掃除シートも要らないのでエコなのですが、新聞紙も資源としてリサイクルできますので、あくまで活用法として。
是非皆さまもお試しになってみてください。